マーケティングソリューション ヘルプ


Japanese version

スポンサードサーチ > キャンペーンエディター > アドカスタマイザー > アドカスタマイザーの入稿手順(1)データ自動挿入リストを作成する 【キャンペーンエディター】

ここから本文です

アドカスタマイザーの入稿手順(1)データ自動挿入リストを作成する 【キャンペーンエディター】

アドカスタマイザーの入稿手順には、以下のステップがあります。詳しい手順は、各リンク先のヘルプでご確認ください。

  1. データ自動挿入リストを作成する
  2. 作成したリストをインポートする
  3. 挿入用広告を作成する

ここでは、「1. データ自動挿入リストを作成する」について説明します。

ヒント

データ自動挿入リストの作成例は、「アドカスタマイザーの活用例」もご参照ください。

 

■データ自動挿入リストとは

広告に挿入する語句や数値のデータをまとめたリストで、Microsoft Excelやテキストエディターなどを使って作成します。作成するリストには、以下の決まりがあります。

  • ファイルはCSV形式(csv、カンマ区切り)、またはTSV形式(tsv、タブ区切り)で作成
  • リストの1行目には、「項目名」を入れる
  • 項目名は、任意の名称を全角・半角合わせて30文字まで入力可能
  • 一部の項目は「規定項目」として、項目名と入力内容に制限あり。詳細は「規定項目の入力内容」の表を参照
  • 項目数は最大20列まで。ただし、「規定項目」は20列のなかに含まれない
  • 1アカウントに登録できるデータ件数(リスト内のデータ行数)は、広告表示オプションの登録件数と合わせて、最大で100万件まで

ご注意

すでに広告表示オプションを多数お使いの場合は、お使いのオプション件数の分だけ、データ自動挿入リストで利用できるデータ件数が少なくなります。

 

■項目と入力内容について

リストに登録する項目によって、入力する内容とルールが異なります。項目ごとの詳細は、以下のとおりです。

ヒント

  • データ自動挿入リストに1つ以上の項目があれば、データ挿入は可能です。リストに設定必須の項目はありません。
  • 適切な広告効果を発揮するには、リストにキャンペーン名、広告グループ名、キーワード、キーワードマッチタイプを設定することをおすすめします。

 

<規定項目の入力内容>
規定項目は、項目名と入力内容が決まっています。詳細は以下のとおりです。

項目名 データの内容と入力ルール
キャンペーン名 データ挿入用広告を入稿するキャンペーン名を入力します。
広告グループ名 データ挿入用広告を入稿する広告グループ名を入力します。

ご注意

「広告グループ名」を登録する場合、同じリスト内に「キャンペーン名」の登録が必要です。

キーワード 広告配信対象とするキーワードを入力します。
※この項目で指定したキーワードでの広告配信時に、データを自動挿入できます。入稿済みのキーワードを入力してください。

ご注意

「キーワード」を登録する場合、同じリスト内に「キーワードマッチタイプ」の登録が必要です。

キーワードマッチタイプ 上記の「キーワード」と併せて登録する項目です。指定したキーワードに設定されているマッチタイプを入力します。
完全一致、フレーズ一致、部分一致 のいずれかを入力します。
※入稿済みのキーワードと同じマッチタイプを入力します。
ターゲット地域 広告を配信する地域を指定できます。地名を入力します。
参照
ターゲット地域を指定して配信する【キャンペーンエディター】
ターゲット地域の制限 「ターゲット地域」で指定した場所において、どのようなユーザーに広告を配信するかを指定できます。「ユーザーの所在地」を入力するか、空欄にします。
参照
ターゲット地域を指定して配信する【キャンペーンエディター】
開始日 データ自動挿入の広告の配信開始日を指定できます。「YYYY/MM/DD」(例:2017/02/01)の形式で、半角数字で入力します。
終了日 データ自動挿入の広告の配信終了日を指定できます。
「YYYY/MM/DD」(例:2017/02/01)の形式で、半角数字で入力します。
曜日・時間帯 データ自動挿入の広告を配信する曜日や時間帯を指定できます。
「(英語表記の曜日[xx:xx-xx:xx])」の形式で、半角英数字で入力します。
例:(Monday[0:15-0:30]);(Tuesday[9:00-10:00])
アイテムID 既存のリストを編集する場合のみ使用します。リストの新規作成時は不要です。
既存のリストをキャンペーンエディター上で表示するか、CSVファイルにエクスポートすると、各行のアイテムIDを確認できます。

 

<任意項目の入力内容>
任意の項目名を設定できる項目です。項目名は、任意の名称を全角・半角合わせて30文字以内で入力してください。
登録するデータの種類によって、入力ルールが異なります。詳細は以下のとおりです。

データの種類 データの内容と入力ルール
数値データ 数値データを半角数字で入力します。最大15桁まで入力できます。
負符号「-」が利用できます。商品ごとの販売個数を挿入する場合、項目名に「個数」、データ欄に「100」「200」~と入力
金額に関するデータ 金額に関するデータを半角数字で入力します。最大15桁まで入力できます。
桁区切りのカンマ「,」が利用できます。
小数点以下は3ケタまで指定可能です。例:商品価格を挿入する場合、項目名に「価格」、データ欄に「2,500」「1,000」~と入力
日付データ 主にカウントダウン関数で使用します。半角数字、半角記号で以下の形式で入力します。カウントダウン関数で利用する場合、秒部分は未入力でも問題ありません(その場合は00秒と判断されます)。
・スラッシュ(/)区切り
「YYYY/MM/DD HH:MM」(例:2015/10/01 00:00)
・区切りなし、日付と時刻の間は半角スペース
「YYYYMMDD HHMMSS」(例:20150301 090000)
※1ケタの時刻や日付、分の場合、0を付けて2ケタの形で入力します(例:3月は03、9分は09)。
参照
広告内で日時に合わせてカウントダウン表示をするには(カウントダウン関数)
文字列(ことば)のデータ 全角40文字以内で入力します。広告のタイトルや説明文と同じ記号も利用できます。

例:商品の色を挿入する場合、項目名に「色」、データ欄に「水色」「ピンク」~と入力

 

作成したリストを保存する

リストに入力後、ファイルをCSV形式またはTSV形式で保存します。
以下はMicrosoft Excelで保存する際の画面です。手順の詳細は、お使いのソフトウエアのマニュアルをご参照ください。

CSV

保存が完了したら、作成したリストをキャンペーンエディターからインポートします。
詳しくは「2.作成したリストをインポートする」をご参照ください。

カテゴリー

お問い合わせ

知りたい情報が見つからない場合は、こちらよりお問い合わせください。

お問い合わせページへ

本文はここまでです このページの先頭へ