マーケティングソリューション ヘルプ

ヘルプ リニューアルのお知らせ

Yahoo!プロモーション広告では、ヘルプのリニューアルを進めております。スポンサードサーチ・Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)のヘルプ、およびガイドラインは新サイトをご利用ください。

Twitter広告などのコンテンツにつきましても、新サイトにて順次公開予定です。

Help site revamp

We are renewing the help site for Yahoo! JAPAN Promotional Ads. For Sponsored Search, Yahoo! JAPAN Display Ad Network (YDN) and Guidelines please visit the new website.

This old version of the help site will close shortly. We appreciate your understanding.

Go to the new help site for Yahoo! JAPAN Promotional Ads


Twitter広告 > キャンペーン管理 > キャンペーンの作成・編集 > スポンサードサーチのキャンペーンをもとにキャンペーンを作成

ここから本文です

スポンサードサーチのキャンペーンをもとにキャンペーンを作成

スポンサードサーチのキャンペーンの設定内容をもとに、Twitter広告のキャンペーンを作成する場合は、入力補助機能を利用することで作業を簡易化できます。
入力補助機能を利用したキャンペーンの作成については、以下の項目ごとの内容をご確認ください。

■入力補助機能について

スポンサードサーチのキャンペーンを指定することで、指定したキャンペーンの設定項目の一部を、Twitter広告のキャンペーン作成時の設定項目に自動で入力できる機能です。スポンサードサーチのキャンペーンから連携される設定内容には、ターゲティング設定や、キャンペーン配下のキーワードも含まれます。
なお、本機能はキャンペーンの目的が「ウェブサイトのクリックまたはコンバージョン」のキャンペーンを作成する場合向けの機能として提供しております。

■入力補助機能を利用した場合の設定内容

入力補助機能を利用した場合の設定内容については、以下をご確認ください。

Twitter広告キャンペーンの設定項目 入力内容
キャンペーン名 スポンサードサーチの「キャンペーン名」

ヒント

Twitter広告では、キャンペーン名は50文字まで入力可能です。
コピー元に選択したスポンサードサーチのキャンペーン名が50文字を超えている場合は、文字数超過でエラーが表示されますのでキャンペーン名を変更してください。

配信設定 「オン」(初期値)
開始日 「本日から」(初期値)
終了日 「設定しない」(初期値)
キャンペーン予算(日額) スポンサードサーチの「キャンペーン予算(日額)」
配信方法 スポンサードサーチの「配信設定」の設定内容により以下のいずれかを設定します。
・「1日の中で均等に広告表示」の場合:「均等配信」
・「できるだけ早い時間帯に広告表示」の場合:「早期配信」
キャンペーンの目的 「ウェブサイトのクリックまたはコンバージョン」
広告掲載位置 「すべて」(初期値)
主要なウェブサイトタグの選択 「設定しない」(初期値)
キャンペーンの最適化 「リンククリック用に最適化」(初期値)
ウェブサイト1訪問あたりの入札価格 「目標コストによる入札」
※入札価格は初期値が設定されます。
ツイート設定 スポンサードサーチのキャンペーン内で登録日時が最も新しい広告をもとに、ツイートの内容を設定します。
広告がアドバンスドURLシステム(入稿形式がアドバンスドURL形式、または拡大テキスト広告)に対応していない場合は、ツイート設定は空欄になります。
・ツイート文:「説明文」
※入稿形式が「拡大テキスト広告」以外の場合は「説明文1」+全角スペース+「説明文2」の形式で設定
・イメージウェブサイトカード
‐タイトル:「タイトル1」+全角スペース+「タイトル2」
※入稿形式が「拡大テキスト広告」以外の場合は「タイトル」
‐リンク先URL:「最終リンク先URL」
ターゲティング キーワード スポンサードサーチのキャンペーン配下にあるキーワードを設定します。

ヒント

・登録日時が新しい順に、最大100個のキーワードが設定されます。
・連携対象となるキーワードのマッチタイプは以下のいずれかのみです。
‐「部分一致」
‐「フレーズ一致」
・連携対象のキーワードには対象外キーワードも含まれます。ただし、キーワードが100個を超える場合は、対象外キーワードよりも通常のキーワードが優先されます。
・スポンサードサーチのキーワードに「絞り込み部分一致」の設定で「+」が含まれている場合、Twitter広告では「+」はキーワードの文字列の一部として扱われます(マッチタイプは「部分一致」)。

地域 スポンサードサーチの「地域ターゲティング」の設定内容を設定します。

スポンサードサーチ側で設定された地域が、Twitter広告側の地域一覧に存在しない場合は、その地域を含む上位の地域が設定されます。
例:
スポンサードサーチで「千代田区」が設定されている場合、Twitter広告では「東京都」が設定されます。

デバイス スポンサードサーチの「デバイスターゲティング」で「入札価格調整率」に「-100%」が設定されているデバイス以外が設定されます。
その他のターゲティング項目 「設定しない」(初期値)

 

■入力補助機能を利用したキャンペーンの作成手順

入力補助機能を利用したキャンペーンの作成手順については以下をご確認ください。

操作手順
  1. 広告管理ツールの「Twitter広告」タブをクリック
  2. 「キャンペーン管理」タブをクリック
  3. [キャンペーン作成]ボタンを押す
    または左ナビゲーションパネルの「キャンペーン作成」をクリック
    キャンペーン作成ボタン
  4. Twitter広告のキャンペーン作成画面で、 [キャンペーンを選択]ボタンを押す
    スポンサードサーチのキャンペーンをコピー
  5. スポンサードサーチのキャンペーン選択画面が表示される
    スポンサードサーチのキャンペーンをコピー画面詳細
    (1)画面左側にて、スポンサードサーチのアカウントとキャンペーンを選択してください。
    (2)画面右側の「キャンペーン情報」で、Twitter広告のキャンペーンへ入力される設定内容を確認できます。選択したスポンサードサーチのキャンペーンの設定内容がどのように入力されるかについては「入力補助機能を利用した場合の設定内容」をご覧ください。

    ヒント

    らくアドで作成したキャンペーンは表示されません。

  6. [コピー]ボタンを押す
    手順5で選択したスポンサードサーチのキャンペーンの設定内容が反映された状態のキャンペーンの作成画面が表示されます。
  7. 他の必要な設定項目を入力
    キャンペーン作成の設定項目ごとの詳細は、キャンペーンの目的別に以下のヘルプをご参照ください。
    参照
    キャンペーンの作成(目的:ウェブサイトのクリックまたはコンバージョン)
  8. [保存]ボタンを押して、キャンペーンを保存

 

カテゴリー

お問い合わせ

知りたい情報が見つからない場合は、こちらよりお問い合わせください。

お問い合わせページへ

本文はここまでです このページの先頭へ