マーケティングソリューション ヘルプ


Japanese version

スポンサードサーチ > キャンペーンエディター > アドカスタマイザー > 地域ごとに異なる広告を表示する【キャンペーンエディター】

スポンサードサーチヘルプβ(ベータ版)リリースのお知らせ

Yahoo!プロモーション広告では、ヘルプサイトのリニューアルを進めております。
先行してスポンサードサーチヘルプのベータ版をリリースいたしました。ぜひご利用ください。

スポンサードサーチヘルプβを見る

ここから本文です

地域ごとに異なる広告を表示する【キャンペーンエディター】

アドカスタマイザーのデータ自動挿入リストでターゲット地域を指定すると、配信する地域によって違う内容の広告を表示できます。データ自動挿入リストに、以下の項目を設定してご利用ください。

■項目名 ターゲット地域:
リスト内のデータを挿入した挿入用広告を表示する地域を指定できます。地域一覧から対象の地域をコピーして、データ自動挿入リストにペーストします。

■項目名 ターゲット地域の制限:
「ターゲット地域」で指定した場所において、どのようなユーザーを対象にするかを指定できます。「ユーザーの所在地」を指定するか、入力欄を空欄にします。
・「ユーザーの所在地」を指定した場合:
「指定した地域に所在する可能性があるインターネットユーザー」が対象となります。
・空欄にした場合:
「指定した地域に所在する可能性があるインターネットユーザー」「指定した地域に関心を示している可能性があるインターネットユーザー」が対象となります。

ご注意

この機能では、ターゲット地域に対して設定した内容の挿入用広告を表示します。広告の配信地域自体は指定できません。
広告の配信地域を指定する場合は、キャンペーンの地域ターゲティングをご利用ください。詳細は以下のヘルプでご確認ください。
参照
キャンペーンの作成 地域の設定について

キャンペーンの地域ターゲティングと、アドカスタマイザーのターゲット地域の組み合わせによる配信例は、以下のとおりです。
例1:
キャンペーンの地域ターゲティングは未設定(すべてに表示)、データ自動挿入リストは愛知県名古屋市を指定した場合
→広告の配信先 全国
配信される広告 愛知県名古屋市のみに挿入用広告。それ以外の地域には、デフォルトテキスト(または通常広告)の広告を配信
例2:
キャンペーンの地域ターゲティング、データ自動挿入リストのどちらも、愛知県名古屋市を指定した場合
→広告の配信先 愛知県名古屋市
配信される広告 挿入用広告を配信
例3:
キャンペーンの地域ターゲティングは東京都、データ自動挿入リストは愛知県名古屋市を指定した場合
→広告の配信先 東京都
配信される広告 デフォルトテキスト(または通常広告)の広告を配信
※キャンペーンの地域ターゲティングとアドカスタマイザーのターゲット地域が合致しないため、挿入用広告は配信されません。

ヒント

データ自動挿入リストの作成については、以下のページをご参照ください。
参照
アドカスタマイザーの入稿手順(1)データ自動挿入リストを作成する 【キャンペーンエディター】

データ自動挿入リストで「ターゲット地域」を指定する手順は、以下のとおりです。

操作手順
  1. 「共有ライブラリ」タブをクリック
    共有ライブラリ
  2. 「データ自動挿入リスト」をクリック
    データ自動挿入リスト
  3. 「ターゲット地域リストのエクスポート」をクリック
    ターゲット地域リストのエクスポート
  4. ファイル名を指定して保存
  5. ダウンロードした「地域一覧」から、配信対象とする地域の地名をコピーし、
    データ自動挿入リストの「ターゲット地域」の列にペースト

ヒント

地名は「都道府県」または「都道府県および市区町村」を指定できます。

ご注意

  • 入力した地名が「地域一覧」の地名と異なる場合、該当行データの挿入用広告は配信されません。
  • キャンペーンエディターで入力、修正した情報は、キャンペーンエディターからデータをアップロードし、広告管理ツールに反映すると作業が完了します。データのアップロード方法は以下をご参照ください。
    参照
    データのアップロード方法【キャンペーンエディター】

カテゴリー

お問い合わせ

知りたい情報が見つからない場合は、こちらよりお問い合わせください。

お問い合わせページへ

本文はここまでです このページの先頭へ