マーケティングソリューション ヘルプ


Japanese version

スポンサードサーチ > キャンペーンの管理 > キャンペーンの新規追加、編集、削除 > キャンペーンの作成(アプリダウンロードキャンペーン)

ここから本文です

キャンペーンの作成(アプリダウンロードキャンペーン)

新規キャンペーンの作成は、以下の手順で行ってください。

キャンペーンを作成する

※オプションと書かれている項目の設定は必須ではありません。

操作手順
  1. 広告管理ツールの「スポンサードサーチ」タブをクリック
  2. 「キャンペーン管理」タブをクリック
  3. キャンペーン一覧の上にある[キャンペーン作成]ボタンを押す
    または、左ナビゲーションパネルの「新規作成」をクリック後、「キャンペーン作成」を選択
  4. キャンペーンを作成するアカウント名を確認 [もっと詳しく]
  5. オプション設定「既存の設定を反映」 [もっと詳しく]
    既存キャンペーンの設定や、弊社が用意した規定の設定を反映できます。利用する場合は「既存キャンペーンの設定を反映する(オプション)」をクリックして設定します。
  6. キャンペーンタイプで、「アプリダウンロードキャンペーン」を選択
  7. キャンペーン名を入力
    サービス名や商品カテゴリーなど、キャンペーンの登録内容がわかりやすい名称をつけてください。
  8. オプション設定「スケジュール設定」を設定 [もっと詳しく]
    キャンペーンの開始日、終了日を指定できます。キャンペーンの作成を完了した時点から運用を開始する場合、設定は不要です。
  9. OSを選択
    プロモーションを行うアプリのOSを、「iOS」または「Android」から選択します。
  10. アプリID/パッケージ名を入力[もっと詳しく]
    iOSの場合はアプリID、Androidの場合はパッケージ名を入力します。
  11. 「キャンペーン予算(日額)」を入力
    スポンサードサーチの1日単位の利用金額を、日額予算は100円以上、100円単位で設定できます。設定後は入力した予算に近づくように、広告の表示・非表示をシステムで調整します。
  12. キーワードの「入札方法」を自動、または手動から選択 [もっと詳しく]
  13. 「配信方法」を選択 [もっと詳しく]
    1日の中で均等に広告を表示するか、できるだけ早い時間帯に広告を表示するかを選択します。
  14. 広告を配信する「デバイス」の確認と、入札価格調整率の設定 [もっと詳しく]
    アプリダウンロードキャンペーンの広告はスマートフォン、タブレットに配信されます。
    入札価格調整率を設定することで、特定のデバイスの入札価格を調整したり、広告の配信対象デバイスを絞り込んだりすることが可能です。
  15. 広告を配信する「地域」を設定 [もっと詳しく]
    特定の地域に限定して広告を配信する場合は設定が必要です。
  16. 広告を配信する「曜日・時間帯」の指定 [もっと詳しく]
    指定を行う場合は設定が必要です。
  17. オプション設定「広告掲載方式の指定」を選択 [もっと詳しく]
  18. オプション設定「広告表示の最適化」を選択 [もっと詳しく]
    パフォーマンスの高い広告を自動的に高頻度で表示するか、均等に表示をするかを設定できます。
  19. オプション設定「対象外キーワード」を設定 [もっと詳しく]
    対象外キーワードとして設定したいキーワードがある場合に設定します。
  20. URLオプション
    キャンペーンにトラッキングURLを設定する場合に入力します。詳しくはトラッキング情報の管理についてをご覧ください。
  21. ウォッチリストを設定
    重要なキャンペーンや頻繁に確認するキャンペーンなどをウォッチリストに追加すると、キャンペーン管理画面から1クリックで確認できます。設定するには「ウォッチリストに追加」にチェックを入れます。
  22. 作成キャンペーンを保存
    [保存して広告グループ作成へ]ボタンを押し、作成したキャンペーンを保存以上でキャンペーンの作成は終了となります。続いて広告グループを作成します。
    参照
    広告グループの作成

ヒント

2017年11月8日以降、広告管理ツールまたはキャンペーンエディターによるアプリダウンロードキャンペーンの新規作成時に、測定タイミングが「アプリのダウンロード」のコンバージョン測定が自動で作成されます。

参照
アプリダウンロード用広告のコンバージョン測定

4. アカウント名の確認について [操作手順4に戻る]

表示されているアカウント名が正しいかを確認します。複数アカウントを持っている場合は、希望するアカウントでキャンペーン作成を行っていることを確認してください。適切なアカウント名が表示されていない場合は、以下の手順でアカウントを選択します。

<アカウントを選択する>
5.1. 「キャンペーン管理」タブをクリック
5.2. 左ナビゲーションパネル上の「アカウント選択」をクリック
5.3. アカウント一覧から適切なアカウントを選択


5. 既存の設定を反映する方法 [操作手順5に戻る]

既存キャンペーンの設定条件(予算額、配信方法)と同じ設定を新規キャンペーンに適用できます。
「既存キャンペーンの設定を反映する(オプション)」をクリックし、「テンプレートから選択」、「既存キャンペーンから選択」のタブから、適用するテンプレートまたはキャンペーンを選択してください。
「テンプレートから選択」では弊社が用意した規定の設定内容を選択できます。

ご注意

「既存キャンペーンの設定を反映する(オプション)」を利用する場合、既存キャンペーンに設定されている対象外キーワードは、登録の古いものから順に最大100件までしか反映されません。
101件以上の対象外キーワードを設定した既存キャンペーンの設定を適用する場合は、キャンペーン作成完了後に、必要に応じて対象外キーワードを追加してください。

8. スケジュールの設定について [操作手順8に戻る]

キャンペーンの開始日と終了日に、任意の日付を設定できます。ただし、開始日、終了日に過去の日付は設定できません。
初期設定では、開始日は「本日から」、終了日は「設定しない」が選択されています。

9.1. 「オプション設定(スケジュール)」をクリック
9.2. 日付入力欄の前のラジオボタンを選択後、日付を直接入力するか、カレンダー表示アイコンをクリックし、キャンペーンの開始日と終了日を指定

ご注意

スケジュールで設定した「開始日」から自動で掲載を開始する場合には、当該キャンペーンをオンラインに設定し、開始日を入力してください。キャンペーンをオフラインで登録した場合には、「開始日」になっても自動で掲載は開始されません。


10. アプリID/パッケージ名を入力 [操作手順10に戻る

  • iOSの場合はアプリID、Androidの場合はパッケージ名を入力します。
    iOSのアプリIDは、App StoreのアプリダウンロードページのURLで確認できます。App StoreのアプリダウンロードページURLの例:
    http://itunes.apple.com/jp/app/app-example/id#########

    ご注意

    新規でApp Storeに登録されたアプリのアプリIDを指定してキャンペーンを作成した場合、当該キャンペーンの広告が配信されるまでに多少の時間がかかる場合があります。

  • Androidのパッケージ名は、Google Playのアプリ詳細ページで確認できます。また、Google PlayのアプリダウンロードページのURLからも確認できます。Google PlayのアプリダウンロードページURLの例:
    https://play.google.com/store/apps/details?id=#########


12. 入札方法の選択について [操作手順12に戻る]

キーワードの入札価格の設定方法を手動、または自動から選択します。

  • 手動で設定する:
    お客様ご自身で設定した広告グループの入札価格、もしくはキーワードの入札価格が適用されます。設定するには「手動で設定する」を選択します。
  • 自動入札を設定する:
    自動入札設定の内容に合わせてキーワードの入札価格が自動的に調整されます。設定するには「自動入札を設定する」を選択し、希望の自動入札設定を選択します。

ヒント

自動入札を設定する場合は、あらかじめ「自動入札設定」を作成しておく必要があります。

自動入札設定の作成やキャンペーンの入札方法に関する詳細は以下をご参照ください。

参照
自動入札設定を作成する
キャンペーンにおける入札方法の設定について

ご注意

  • 自動入札を設定しているキャンペーンにおいて、広告グループ、またはキーワードの入札価格や設定内容を変更した場合、一時的に広告グループ、またはキーワードの入札価格が適用されます。また、変更後に配信設定をオフにした場合は、掲載再開時に一時的に広告グループ、キーワードの入札価格が適用されます。
  • 自動入札タイプ「コンバージョン数の最大化」は設定できません。
  • キャンペーンの新規作成時は、自動入札タイプ「コンバージョン単価の目標値」「広告費用対効果の目標値」は設定できません。
  • OSに「iOS」を指定した場合、自動入札タイプ「コンバージョン単価の目標値」「広告費用対効果の目標値」は設定できません。
  • 「自動入札を設定する」を選択した場合、広告表示の最適化の設定で「最適化しない」を選択しても、広告の配信時には「最適化して配信」が適用されます。
  • 「自動入札を設定する」を選択した場合、一部の自動入札設定においてターゲティング設定の入札価格調整率が無効となります。詳細は以下をご参照ください。

参照

入札価格調整機能とは

※自動入札を設定した場合、配信方法の設定が適用されない可能性があります。

13. 配信方法の選択について [操作手順13に戻る]

1日の広告配信のタイミングを選択します。

  • 設定あり:1日の中で均等に広告表示
    広告が1日(24時間)を通して均等に表示されるように、予算を均等に配分することで、早い時間に予算に達することのないようにシステムが調整します。
  • 設定なし:できるだけ早い時間帯に広告表示
    1日の予算に達するまで広告が継続して表示されます。

ご注意

入札方法で自動入札を選択している場合、この項目は選択できません。

なお、広告掲載開始後、全体の配信時間が短い場合には、キャンペーン予算(日額)の増額を検討してください。

14. 配信先デバイスの確認と、入札価格調整率の設定について [操作手順14に戻る]

広告を配信できるデバイスはスマートフォン、タブレットの2種類です。
この項目では、入札価格をもとにデバイスごとの入札価格調整率を設定できます。
プルダウンメニューで「引き上げ率」または「引き下げ率」を選択したうえで、右の調整率の欄に数字を入力します(1%単位、半角数字)。

引き上げ率:0%~900% (0%~900%の範囲で入札価格を高く設定)
引き下げ率:1%~90% (1%~90%の範囲で入札価格を低く設定)、または100%

  • 設定した入札価格調整率は変更が可能です。
  • 「引き下げ率」を選択し「100」を入力(引き下げ率を100%に設定)すると、該当のデバイスには広告を配信しない設定となります。


15. 地域の設定について [操作手順15に戻る]

広告配信を行う地域を設定できます。また、指定した地域ごとに、キャンペーン内の全キーワードの入札価格を指定の割合で自動的に変動させることが可能です。調整後の入札価格は、キーワードの入札価格に調整率を掛けて算出されます。

以下のいずれかを選択します。

  • 設定しない(すべてに表示):地域を限定せず、すべてに配信します。
  • 設定する(選択した地域に表示):都道府県および市区町村を選択して配信します。また、除外地域(配信しない地域)の設定も可能です。表が表示されるので以下を参照し設定を行います。
    (左側の表)
    地域選択画面です。都道府県名の左にある「+」をクリックすると、市区町村名が表示されます。配信したい地域の横に表示されている「配信」をクリックすると「配信地域」として右側に追加されます。配信を除外したい地域の横に表示されている「除外」をクリックすると、「除外地域」として右側に追加されます。いずれも複数の地域を選択できます。
    (配信地域の表)
    選択した配信地域と入札価格調整率が表示されます。選択を解除する場合は、「×」をクリックします。
    地域ごとに、キャンペーン内の全キーワードの入札価格を指定の割合で自動的に変動させることが可能です。設定したい地域に表示された「○%」(○は数字、初期設定は0%)をクリックし、プルダウンメニューで「引き上げ率」または「引き下げ率」を選択します。右の「%」欄に数字を入力し、[OK]ボタンを押してください。
    調整後の入札価格は、キーワードの実際の入札価格に調整率を掛けて算出されます。
    ※以下の範囲での設定が可能です(1%単位、半角数字で入力)。初期設定は「引き上げ率」「0%」に設定されています。

    • 引き上げ率:0%~900% (0%~900%の範囲で入札価格を高く設定)
    • 引き下げ率:1%~90% (1%~90%の範囲で入札価格を低く設定)

    (除外地域の表)
    選択した除外地域が表示されます。選択を解除する場合は、「×」をクリックします。

    初期設定は「引き上げ率」「0%」に設定されています。

また、配信対象地域かを判定するための情報を選択できます。「配信地域判定」をクリックし、以下のいずれかを選択してください。

  • ユーザーの所在地、検索キーワードに含まれる地域、ユーザーが関心を示している地域(推奨、初期設定で選択):
    指定した地域に所在する可能性があるインターネットユーザー、指定した地域に関連する語句で検索したインターネットユーザー、指定した地域に関心を示している可能性があるインターネットユーザーに広告を配信します。
  • ユーザーの所在地:
    指定した地域に所在する可能性があるインターネットユーザーのみに広告を配信します。
  • 検索キーワードに含まれる地域、ユーザーが関心を示している地域:
    指定した地域に関連する語句で検索したインターネットユーザーや、指定した地域に関心を示している可能性があるインターネットユーザーに広告を配信します。

※「ユーザーの所在地」「検索キーワードに含まれる地域、ユーザーが関心を示している地域」を設定するとインプレッション数は減少する可能性があります。機会損失を防ぐために、広告の配信状況を確認しながら設定を行ってください。

除外地域を設定した場合も、対象地域かを判定するための情報を選択できます。「除外地域判定」をクリックし、以下のいずれかを選択してください。

  • ユーザーの所在地、検索キーワードに含まれる地域、ユーザーが関心を示している地域:
    指定した地域に所在する可能性があるインターネットユーザー、指定した地域に関連する語句で検索したインターネットユーザー、指定した地域に関心を示している可能性があるインターネットユーザーを除外して広告を配信します。
  • ユーザーの所在地(初期設定で選択):
    指定した地域に所在する可能性があるインターネットユーザーを除外して広告を配信します。

<設定地域の矛盾について>
配信地域が除外地域に含まれている場合、配信地域を設定していても広告が配信されない可能性がありますので、ご注意ください。

例:

  • 「青森県青森市」を配信設定
  • 「青森県」を除外設定
    上記の例では、「青森県青森市」は「青森県」の一部のため、配信地域が除外地域内に含まれています。
    ※地域ターゲティングの設定に矛盾がある場合、設定完了時にアラートが表示されます。

また、次の手順で既存のキャンペーンから地域ターゲティングの設定内容をコピーすることも可能です。

15.1 「オプション設定(既存のキャンペーンから地域のターゲティング設定をコピー)」をクリック
15.2 「既存キャンペーンから地域ターゲティングの設定をコピー」画面で、左側に表示されたキャンペーンから該当するものを選択してクリック
15.3 画面右側に表示されたターゲティング設定内容を確認し、[決定]ボタンを押す
対象地域に加えて、「地域判定の詳細設定」もコピーされます。

※コピーの選択対象は、同一アカウント内のすべてのキャンペーンです。「地域」をターゲティング設定していないキャンペーンもコピー対象として表示されます。

16. 曜日・時間帯の設定について [操作手順16に戻る]

広告を表示する曜日、時間帯を設定できます。スポンサードサーチでは15分単位での設定が可能です。また、キャンペーン内の全キーワードの入札価格を曜日、時間帯で自動的に変動できます。入札価格の上げ下げを特定の曜日や時間帯で行いたいときに便利です。

下記のいずれかを選択します。

  • 設定しない(曜日・時間帯に関係なく表示):曜日・時間帯による配信制限は行いません。
  • 設定する(指定した曜日・時間帯のみ広告表示):広告を配信する曜日・時間帯を設定します。
    表が表示されるので下記を参照し設定を行います。
    (左側の表)
    配信時間や曜日の設定を変更できます。
    (右側の表)
    現在設定されている配信時間や曜日がわかるように色づけされています。色づけされていない時間帯(白色)は、広告が配信されません。初期設定では全時間が水色に色づけされています。

配信時間を変更する場合、各曜日の「設定」のリンクをクリックするか、左側の表の上にある[新規設定追加]ボタンを押します。もしくは、色づけされていない枠内(白色)にマウスオーバーすると表示される「追加」リンクをクリックします。
設定画面では、配信時間や入札価格調整率の設定や変更を行います。設定してある曜日・時間を削除する場合は、「削除」のリンクをクリックします。
設定完了後は[OK]ボタンを押してしてください。

曜日、時間帯別の入札価格調整率は下記の範囲で入力できます。

  • 引き上げ率:0%~900% (0%~900%の範囲で入札価格を高く設定)
  • 引き下げ率:1%~90% (1%~90%の範囲で入札価格を低く設定)

※曜日・時間帯の設定は、日本時間を基準としています。
※時間帯は1日につき6件まで設定できます。

ヒント

同時に複数曜日の設定を追加できます。左側の表の上部に表示されている[新規設定追加]ボタンを押して、設定してください。

次の手順で既存のキャンペーンから曜日・時間帯ターゲティングの設定内容をコピーすることも可能です。
16.1 「オプション設定(既存のキャンペーンから曜日・時間帯のターゲティング設定をコピー)」をクリック
16.2 「既存キャンペーンから曜日・時間帯のターゲティングの設定をコピー」画面で、左側に表示されたキャンペーンから該当するものを選択してクリック
16.3 画面右側に表示されたターゲティング設定内容を確認し、[決定]ボタンを押す
16.4 コピーされたターゲティング設定内容が月曜~日曜/1時間単位のテーブルに図示されます。「入札価格調整率」もコピーされます。

ご注意

入札方法で「自動入札を設定する」を選択していた場合、「曜日・時間帯」ターゲティングは設定できません。

 

17. 広告掲載方式の指定について [操作手順17に戻る]

広告の掲載方式を以下2種類から選択します。選択しない場合は、「検索を含むすべての広告掲載方式」が設定されます。

17.1. 「オプション設定(広告掲載方式の指定)」をクリック
17.2. 広告の掲載方式を下記より選択

  • 検索を含むすべての広告掲載方式:
    検索サイトの検索結果、キーワードからの誘導先ページ、および特定カテゴリーページなどに広告を表示
  • 検索のみ:
    検索サイトの検索結果にのみ広告を表示

 

18. 広告表示の最適化について [操作手順18に戻る]

広告グループ内に複数の広告を登録した場合の広告表示方法を選択します。選択しない場合は「最適化して配信」が設定されます。

18.1. 「オプション設定(広告表示の最適化)」をクリック
18.2. 以下より選択

  • 最適化して配信:
    広告グループ内に広告を複数登録した場合、高いパフォーマンスを見込める広告をシステムが自動的に判断して配信します。
  • 最適化しない:
    無期限で広告の配信機会が均等になり、最適化は行われません。
    ※実際の表示回数はさまざまな要因により異なる可能性があります。

ご注意

入札方法で「自動入札を設定する」を選択した場合、広告表示の最適化の設定で「最適化しない」を選択しても、広告の配信時には「最適化して配信」が適用されます。


19. 対象外キーワードの設定について [操作手順19に戻る]

対象外キーワードを設定すると、その語句を含む検索キーワードでは広告が表示されなくなります。キャンペーンに対象外キーワードを設定する手順は以下のとおりです。

19.1. オプション設定(対象外キーワード)をクリック
19.2. 入力欄に対象外キーワードを入力
19.3. プルダウンメニューからマッチタイプを選択し、[追加]ボタンを押す

対象外キーワードについては以下をご参照ください。
参照
対象外キーワードについて

ヒント

複数の対象外キーワードをまとめたリスト(対象外キーワードリスト)を作成し、複数のキャンペーンで共有することも可能です。詳細は以下のページをご参照ください。なお、対象外キーワードリストは、キャンペーンの作成完了後に設定できます。

参照
対象外キーワードリスト管理

カテゴリー

お問い合わせ

知りたい情報が見つからない場合は、こちらよりお問い合わせください。

お問い合わせページへ

本文はここまでです このページの先頭へ